「介護福祉士」の求人に応募するなら資格を取ろう

求人応募の前に知りたい事【介護福祉士資格を取得する理由】

介護職で頑張りたいなら資格取得も考えよう

介護職は無資格でも働くことができますが、働く前に、介護職員初任者研修という研修の講座の受講を求められます。介護職員初任者研修は介護職としてスタートするための資格で受験資格がなく誰でも受講することができます。
介護職としてステップアップするためには、専門的な介護福祉士や社会福祉士、そしてケアマネージャーとしての資格の取得を目指していきます。

介護福祉士を取得するための流れ

国家試験に合格するか専門学校や養成施設の卒業が必要

介護福祉士は国家試験に合格することが必須です。もともと実務経験が3年以上必要でしたが、さらに実務研修の受講が必要になりました。
専門学校や養成施設を卒業すると資格を取得することができていましたが、2022年からは卒業しても国家試験の受験が義務化され、2017年以降の卒業生は5年間介護福祉士として名乗ることができます。卒業後継続して実務を行っている場合には6年目からも名乗ることができます。5年間実務から離れている場合には5年間の間に国家試験を合格すると6年目以降も名乗ることができます。

国家試験を受験するための資格は3通りある

国家試験を受けるためには受験資格が3種類あります。実務経験3年と実務者研修を受ける方法か福祉系高校を卒業方法、そして養成施設(所定の大学や短大、専門学校など)を卒業する方法です。社会人の場合には実務経験を3年積んでいき実務者研修を受ける方法が一般的です。

受験資格を得るための費用は方法によって異なる

すでに介護の仕事を行っていて、実務経験を3年積んでから受験する場合には他の介護に関する資格がない場合には相場は20万円ほどかかります。介護職員基礎研修を修了している場合には5万円ほどが相場です。福祉系高校や養成施設の場合にはそれぞれの学費が費用となります。

介護福祉士の基礎を勉強してから実技も学ぶ

勉強は基礎が重要となるため、介護福祉士になるための勉強時間の大半を基礎に費やすほどしっかりと行います。基礎をしっかり行ってから、過去問題を多く解いていきます。過去問題を解くことによって傾向がわかるだけでなく知識の幅も広がります。
実技試験もありますの。介護の職場で働いている場合には実技に心配はほどんどありませんが、学生の場合には実技に不安があるため実習をしっかりこなすことが大切です。

いち早く介護福祉士の資格が欲しい場合には

すぐ資格がほしい場合でも、簡単に介護福祉士の資格は取得することはできません。誰にでも受験資格があるわけではないため、自分に合う方法を確認をすることが重要です。中学生で将来介護士として活躍したい場合には福祉系の高校に進学し、福祉系の高校に進学していない高校生や養成施設以外の学校に進学している場合には養成施設へ進学をします。すでに、介護の仕事をしている場合には1年以上働いている場合には3年間実務経験を積んでいき、1年未満の場合には養成施設に通学も併用する方法がより早く資格を取得する方法です。

「介護福祉士」の求人に応募するなら資格を取ろう

車いす

介護福祉士の業務について

介護福祉士は日常生活を送る上で不自由なことをサポートする身体サポートと食事や掃除、洗濯、買い物などを行う家事サポート、そして介護を受ける人が孤立しないように周囲との良い関係を築くサポートを行う社会活動サポートを行います。
介護が必要な方だけでなく、その家族にもどのように介護をしていくかアドバイスを行います。

介護福祉士の魅力って

以前は待遇が良くないと言われていた介護福祉士ですが、最近は日本の高齢化から重要性が高まり、地位や給与水準を上げるための施策も取られるようになっています。
これからさらに需要が伸びる可能性が高い介護の世界ながら、まだまだ人手不足が懸念されていることか求人が豊富にあり、一度資格を取得すると働き続けることが可能な職種です。

介護関係の資格って何があるのか?

介護の仕事は未経験や未資格でもはじめることができるといわれていますが、一般的には介護職員初任者研修を求められることが多いため受講をしておくことが良い資格です。
介護職員初任者研修にて基本的な知識と実務を学び、さらにスキルアップのために介護職員実務者研修や介護福祉士の資格取得を目指していくことになります。

介護職をしたいなら資格はあったほうが有利

資格を取得するために学ぶ知識や実務経験は、介護職に携わるうえで貴重な経験となります。専門性を身につけることができ、介護が必要な方へよりよいサポートを行うことができるようになります。
基礎知識を身につけるだけでなく、さらに専門知識を高めるために資格の取得は有利なものとなっていきます。

広告募集中