無資格でも働ける?人気の医療事務求人で働く方法

面接

人気のある職種「医療事務」とは

医療事務は病院やクリニックなどで窓口や会計、事務などを行います。窓口にて患者さんの診察券や保険証の確認、次回の予約などの案内を行い、診察後には会計業務を行います。
レセプトという医療保険制度に基づいて診療報酬明細書を作成する業務も医療事務が行い、明細書は患者さんの医療費を計算する業務で、締切があるため正確にかつスピーディーに作成することを求められます。

人気の理由って

医療事務は女性に人気の職種です。結婚や出産といった仕事にブランクがあっても働くことができ、病院は全国にあるため転居することになっても転居先にて仕事を探すことができます。
患者さんとの交流や医療費の計算業務など、コミュニケーション能力や仕事の正確性と責任がある仕事を行うため、やりがいがある仕事です。

医療事務の資格を取る!

医療事務は学歴や資格は問われず、未経験でも仕事をすることができます。ただし、医療の現場で働くことから耳慣れない専門用語が使われていることがあるため、民間資格を取得しておくと、実際に働くときに学んだことを活かすことができます。医療事務には数多くの民間資格がありますが、その中でも有名な医療事務技能審査試験や、診療報酬請求事務能力認定試験がおすすめです。

通信講座と独学の比較

通学することなく学ぶことができる通信講座

専門学校よりも費用が安く、自分でテキストを選ぶことができない場合やモチベーションを保つ自信がない場合には通信講座がおすすめです。
独学よりも費用はかかりますが、学習スケジュールが決まっておりわからないところは質問もできます。通学することなく自宅で学ぶことができるため、育児中の人でも学ぶことができます。

費用を抑えることができ、自分のペースで学べる独学

医療事務の資格の取得は市販のテキストにて独学でも学ぶことも可能です。
費用を掛けずに学ぶことができますが、スケジュールの管理からモチベーションの維持まですべて自分で行うことになります。

[PR]介護の求人情報を確認
応募したいところが見つかる

[PR]介護福祉士の求人情報♪
やりがいのある仕事に就こう!

[PR]熊本の医療事務求人まとめ
福利厚生ばっちり◎

医療事務の仕事内容について

病院やクリニックにて受付や会計、医療費の計算などを行い、医療機関での事務のエキスパートです。
医療事務のスキルは一度身につくと、継続して身につけておくことができるため、将来的に医療機関で働きたいという子育てをしている母親にもぴったりの職種です。

【現役の方に訊け!】医療事務の質問コーナー

子育てしながら働くことができますか?

正社員として働くだけでなく、契約社員やパートなど雇用形態は幅広くあります。
パートであってもフルタイムで働くことも可能で、勤務時間を調整できるため、午前中だけ働くこともできたりと、時間を自分の都合に合わせて働くことができます。

どんな医療機関で働くことができますか?

医療事務は主な職場は病院です。
大規模な病院では、多くの医療事務スタッフが働いているため、担当別仕事がわかれていて仕事量も多めです。
小規模な病院では、医療事務が一人または二人と小人数で仕事を行います。幅広い業務に対応することが必須となるためスピーディーで臨機応変に対応できる能力が求められます。

忙しい時期や残業はどれぐらい発生しますか?

長時間の残業はほとんどありませんが、30分~1時間の残業が発生することもあります。
雇用形態によって残業時間がかわることが多く、パートの方に定時にあがってもらって正社員が残業になることが多いです。レセプト請求時期は忙しく残業が発生しやすく、連休明けなど患者さんの数が多い日も診療時間以降でも患者さんが残っていると会計が残ってしまうため残業が発生しやすいです。

スキルがあれば転居しても仕事を探しやすいですか?

介護福祉士の求人や介護の求人は探しやすいですが、医療事務も病院は全国にあるため転居しても求人を探すことができます。
もともと医療事務として働いていましたが、経験者として転居先でも仕事探しに役立ちました。経験者というだけで転居先の熊本で仕事を探していたときに優位に立ちました。専門用語を理解していることも必要ですが、パソコン操作をすることが多いためパソコンができることもアピールポイントとなります。

広告募集中